自営業が賢くお金を借りるには?

自営業はお金が借りにくい。確かにそういう傾向はあります。それはやはり収入の安定感が十分ではないと思われているからです。また自営業の場合にはお金を借りる目的が生活費などの消費的なものであっても実際の使い道は事業資金と区別しにくいので融資が難しいと言うのもあります。ですから自営業者の人がお金を借りるときにはその区別をはっきり考えて借りることが重要となります。つまり事業用の資金に使うのなら、それ専用の融資を使うべきですし、そうすれば比較的低い金利で借入が出来ます。そうではなくレジャー費などにしか使わないし、それ程大きな金額の借入にはならないのなら、一般的なカードローンでも良いでしょう。営業年数が2年以上あれば自営業でも簡単に借入が出来るし、特に一般的な消費者金融なら収入証明も要りません。その間の金額の時にはどうしましょうか。お金を借りるのは基本的に生活費などですが必要に応じて事業性の資金にも使うかもしれないし、ある程度大きな金額も借りるかもしれないと言うようなときです。そのときはカードローンでも自営業者向けのカードローンでお金を借りるようにしましょう。そうすれば年収の割の大きな借入限度額の契約が出来ますし、事業資金にも使えます。ただしかくて申告の控えやその他提出書類が多くなりますし事業の内容もわかるように申請しなければなりません。これが面倒だからと言って一般的なカードローンを利用するのは金利や限度額からおすすめできないです。